「天の斑駒」とは、 6・20  水
「あまのふちごま」天の斑駒とは、神界にいるマダラ柄、
ごま塩柄のお馬さんの事で、音、声に敏感でいつも耳をピンと立てて
周囲の声を聞こうとしています。

人間は自分の心が弱るほど、逆に周囲の声が気になりだします。

自分がそうなって周囲の声や評判を気にし出したら注意です。

外側の事ばかり意識がいったらこれは重症です。
淡々と自分の心を静観して生活をしましょう。

周囲の声に振り回されず、余計な音が入ってこない方がいいです。

耳が聞こえないというのもある意味ラッキーです。

「天の斑駒」に自分がならないように、
私は耳が少し弱いです。

この世の雑音に振り回されず、本当の自分わ見つけます。

15:16, Wednesday, Jun 20, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


命あっての物種  6・19  火
「天災は忘れた頃にやって来る」

まさに地震はそうですね。
地震ほどそう感じるものはありません。

何の前ぶりもなく、兆候もなく、「突然ですから!」

昔から言います、「地震、カミナリ、火事、親父と」
地震が一番ですね。

「命あっての物種」で、死んだら何にもなりません。

「いのち」は帰って来ません。

1日や2日、1週間や10日風呂に入らなくても死にはしません。
下着や衣類も変えなくても死にはしません。
臭くなるだけです。(笑い)

「命あっての物種」です。
まずは生きる事、生かされている事を知ったら感謝です。

生きていれば何とかなります。

「命あっての物種」です。

生かして頂き ありがとうございます。

16:13, Tuesday, Jun 19, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


私と愛車ソリオ君の出会い 6・18 月
今から2年半になりますか私と愛車ソリオ君の出会いでした。

それまでは軽のミニキャブで配送の仕事をしてました。

私は身体が大きいので軽のミニキャブがちょっと狭い、
「もうちょっと運転席が大きいといいなぁ〜」と言ったら、

中田先生がすぐに動いて頂いて、「ソリオ君を見つけて来てくれました。」

今から2年半前えです。
それが私と彼、スズキ ソアラ君との出会いです。

私は、スズキのセールスマンではありませんが、
「ソリオとは、スペイン語で王様、王座、王位との意味」だそうです。

乗る人を大切に王様のように迎える、ソリオ私は気に入ってます。

今日は身近なもの、毎日5時間からお世話になっているソリオ君の紹介でした。

益々惚れ込んでしまいました!

先生ありがとうございます。
大切に乗ります。

12:12, Monday, Jun 18, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


山さんの日曜散歩  6・17  日
yjimage
やまゆりの季節です。

都会や町中にいたら分からないでしょうが、
私は、山、田んぼの中で育ちましたから得意な分野です。

山にはこの時期になると沢山のやまゆりの花が咲いてます。

あっているかどうかわかりませんが、一年に一つ花が咲き3つなら3年、
5つなら5年、最高で18個の花を付けている物も見ました。

新日本製鉄が君津に大きな工場を作り、下請け会社も含め全国から
何万人という人が君津に入ってきました。

地元君津の人はゆり根を根こそぎ取ってしまう事はありませんが
他県の人は根こそぎ取ってしまうので、その辺にゆり根、やまゆりはなくなってしまいました。

自然の生態系が狂います。
人間は自然の事など考えていない人が大半ですから!

人間と自然は共有できないのですね!

共には無理なんですね!

やまゆりの花言葉は「荘厳」立派な花です。

山の女王のようです!

09:06, Sunday, Jun 17, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


「人間万事塞翁が馬」 6・16 土
すべてが自分にとって良いほうに向かっている?


調子に乗っていると、それを知らせるようなことが
起きてくる。

例えば怪我をするとか、スピード違反で捕まるとか、
何かそれによって知らせるような事が起きて来ます。

それを自分がどう捕らえるか、どう解釈するかです。

謙虚に総ての事が塞翁が馬で、何が起きるかわかりません。

思いやりを持って感謝して生きましょう。

自分だけの人生、目の前のことに没頭して生きましょう!

16:56, Saturday, Jun 16, 2018 ¦ ¦ コメント(0)