日本で初めて!ホフマンプレス機フルセット
  • 2014年03月13日

今回はプレスのお話です。
今まで、クリーニングのプレスは”伸ばす”ことを目的としてきました。ただ、こういったプレスでは実に平面的で、洋服特有の立体的でグラマラスなシルエットを復元することはまずできません。
洋服は様々なパーツを組み合わせて作られています。丸みを持たせ、体のシルエットにフィットするように作られているからです。
その代表的な技法に「いせ込み」があります。長短2枚の生地を縫い合わせる時、長い方の生地の縫合部分を縮めて短い方に合わせ、長い方にふくらみを持たせる技法です。
 このことを理解していなければ、ただ、伸ばすだけのプレスになってしまい、ペタッとした仕上りになってしまうのです。では、立体的なシルエットを持たせるためにはどうすればいいのか?
 それには、クリーニング用の平面的なプレス機ではなく、アパレル縫製工場用の立体的なプレス機が必要でした。
 なぜなら、クリーニングのプレス機はやはり、伸ばすためのプレス機ですのでその形状、目的が大きく違います。(スチームの質まで違うのです)
 この3月、アパレル縫製工場用プレス機の最高峰であるドイツ製「ホフマンプレス機」を君津ブランド工房に設置します。それも、上着だけで9台もの専用仕上げ機を設置する予定です(クリーニング工場では日本で初めて)。
 「今よりももっと良く」がナチュラルクリーンのテーマです。安定することなく常に変化や進化を繰り返し次のステージに向かうために、まさにプレス機のハーレーダビットソンのようなこの「ホフマンプレス機」は、スーツの美しい仕上がりに大きく貢献してくれるはずです。

一、左右前身仕上げ
左右の前身仕上げ機によって、前身、ポケット部に蒸気、圧力を均等
にかけ、生地のツヤを復元します。


二、左右の背脇仕上げ
左右の二台背脇仕上げ機によって、背脇部に蒸気、圧力を均等にかけ、生地のツヤを復元します。


三、左右アームホール、肩、袖仕上げ
アームホール、左右の肩、袖の仕上げ機によって、アームホール、肩、袖のシステムを復元します。


四、カラー仕上げ
カラープレス仕上げ機によって、上襟のアール部分をいせこみ、返しをシャープに仕上げます。


五、ラペル仕上げ
ラペル仕上げ機によって、スーツの顔といえるラペル部分、ゴージラインをシャープに仕上げます。

六、左右袖にアウトシーム仕上げ
アウトシーム仕上げ機によって、縫い目のクセを直し、アウトシームを決め、肩から袖口までの美しいスリープラインを復元します。

七、タッチアップ修正
最終チェック修正仕上げによって、裏地、細かいシワ等を直して、立体的で美しいシルエットのジャケットの出来上がりです。

威厳と風格、なによりアパレルの縫製工場で現在も使われている仕上げ機ですから、まさにアパレル仕上げに相応しいジャケットの復元マシーンなのです。(つづく)