「ウォータークリーニング」
  • 2017年05月07日


先日、伊勢丹新宿店のウォータークリーニングを訪れている時に丁度ご来店されていた女性のお客様とお話し、「撥水したらいいよ」とおすすめして、「じゃあ撥水加工(5000円)もお願いします」と、とっても期待されていたS.P.Bのコート。

当日、「あなたのコートやダウンのウォータークリーニング工程、僕のブログに掲載してもいいかな?」「あっ?いいですよ。お願いします」ということで、こころよくご了解を頂いてますので、今日はウォータークリーニングの工程をご紹介します。

キレイに着用されていても、首回りや袖口やポケット口は、どなたでも皮脂汚れが目立ってしまうベージューのトレンチコート。薄い色のコートですので、よく見るとやはり全体的に汚れがあります。

やはり、汚れが激しいのは、定番の衿や袖口、ポケット口や裾周りなどです。ワンシーズン着用した洋服は、このトレンチコートに限らず、こう いった汚れは必ず付着してますから(ダーク系は見えなくとも)、やはり衣替えにはクリーニングに出された方がいいです。

さて、衿は、このように皮脂汚れと汗の黄ばみがあり、黄ばみは、漂白して除去していきましょう。

やはり、袖口は着用中に擦れたり、肌に触れたりで、折れ山の部分にはしっかり汚れが溜まっています。

まず、最初に、汚れのきつい所を、シミ抜きガンで部分処理して汚れを落としておきます。何度も申しますが、洋服の汚れ落としのポイントは、衿、袖口、ポケット口、裾まわりなどが、一般的に定番です。

これはダウンも一緒。衿は、皮脂や汗などいろんな汚れが付着しているために、プロ用のシミ抜き溶剤や各種洗剤を色々使い分けてキレイにしていきます。

各部分のシミ抜き後はコートを洗いに入れるのですが、洗う時に注意するのが付属品。バックルの革には収縮防止剤を塗り、洗いで傷まないようにカバーを付けてガードしておきます。
そして、漂白剤へ漬けこみます。
漂白剤は、プロ用の繊維が傷まない中性の漂白剤で、40度程度で高い漂白効果があり生地の色を変化させにくい漂白剤です。
この中性漂白剤に、20分程度漬けこみます。
それから、水洗機で丸洗い。洗剤はthe Laundressのシグネチャーデタージェント Classicをセレクトしました。
激しく洗うと、綿コートは、生地が擦れて白化し、縮みや型崩れもおこるため、粒子の細かいクラスタルウォーターと、マイクロバブルを発生させて、優しい動きの「揺り籠洗い」で全体をキレイに丸洗いしていきます。

そして、洗い上がったコートは人体整形乾燥機のボディに着用させ、しっかり整形乾燥を行い立体的な形を作ります。

表面の細かい絞りジワや小ジワはなかなか取れにくい為、ハンドアイロンで全体的にシワ取りを行いながら長めに(20〜30分)人体にかけて美しく整形していきます。

人体整形乾燥機の後は静止乾燥機にコートを入れてしっかり乾燥が終わったら、生地に艶感を与え、手触りを良くするために、シリコーンドライで再び洗いながらコート全体に潤いを与えていきます。

水洗いだけだとパサつくような素材でも、化粧品にも入っているシリコーンで洗うために、洋服全体に艶、潤い、光沢が出てきます。

その後、消臭抗菌剤や各種加工剤(撥水加工)をエアーガンで噴霧します。ちなみにダウンの場合は洗浄時の最後の工程で撥水加工を行います。
いくら洗いが良くても仕上げが下手だどうにもなりません。
シリコーンドライ後は、プレス歴65年中川名人による仕上げです。

中川名人、綿コートは得意分野で、しっかりと熱を加えてから、十分冷まして、水分を取り、生地に、艶感と張り感を出していきます(パリッと仕上げる場合は全体にハリの出る糊剤を噴霧しておきます。今回は女性なので自然派でいきます。)

普通は一度アイロンをかけてキレイにしたところが、他の部分をアイロンがけしているうちにシワになってしまうものですが、中川名人芸は、全体にいつも気を配りながら、一気に美しく仕上げていきます。さすがです。

「いいですねえ・・・・」。美しく仕上がったコートの撥水効果をチェックしてみました。水を掛けると水玉がコロコロと転がって、水をしっかり弾きます。

撥水加工は、水を弾くのはもちろんですが、汚れ部分の定番である衿や首回りや袖口などに汚れも付きにくく、付いても取れやすいので、スーツやセーターなどにはおすすめです。特に綿コートにはお勧めです。
皮脂汚れや汗の黄変でかなり汚れていた衿ですが、サッパリとキレイになりましたよ。
また、袖口の折れ山部分の汚れも取れて、スッキリしています。

ということで、綿のトレンチコートのウォータークリーニングが仕上がりました。
これはビフォー&アフターで比べてみればはっきり分かるのですが、水洗いで全体の汚れが取れて発色がとても明るくなり、シリコーンによって艶と張りも出ています。撥水も効いているので、雨の日にも着ても大丈夫。

次に、綿コートと一緒にお預かりしたダウンコートのウォータークリーニングです。
こちらも衿や袖口には皮脂などの汚れがありましたので、先に処置をしてから洗いました。

8月15日までは「撥水加工無料サービス」を実施しています。薄い色のダウンコートですから汚れが目立ちやすいので、汚れを付きにくくする撥水加工はお勧めです。
はい、撥水もきいてこの通り。

汚れて黒ずんでいた袖口もすっきりしています。

真っ黒だった衿も汚れが取れて気持ち良く着られます
全体的にくすみが無くなって明るい印象です。
また、ダウンも自然活性水アモウが効果を発揮して、とってもふんわり仕上がっています。ドライだけじゃあこうはいきません。

どうです?〇〇さん。ご満足いただけますか?
連休後、私がしっかり最終検品して、ダウン等お預かりした三着を出荷させていただきます。もうしばらくお待ちください。ありがとうございました。


次の投稿へ >>