思い出の時が甦るウォータークリーニング

日々是笑日

未分類

「何をするのか?誰とするのか?」6/14(日)

更新日:

20200614a

美紀ちゃん、
コメントありがとう。

今日は早朝からお昼まで
回らなくてはいけないところがあるので
午前中会社にいません。

朝早くからお母さんと一緒に
お仕事のお手伝いに来てくれるのに
会えないのが寂しいです。

しっかりお手伝いして
みんなの笑顔に癒されて
元気いっぱいで帰って下さい(笑)。

今日のお話しですが、
人生って「何をするのか?」じゃなく
「誰とするのか?」なんだよ、
というお話をします。

これはあくまで
代表の価値観なので、
すべての人たちに該当するものではないけど、
おおよそ、こっちの方が気持ちいいよ、
ということを伝えておきます。

仕事でも何でも
自分はこれが好き・・これはまずまず・・・、
というものがあるでしょう。

私は父が72歳、
私が38歳の時に亡くなりましたので、
お寺の住職と保育園の園長を継承しました。

ただ、考えてみれば
ここの社長の山田さんと出会ったのは
その2年後の40歳のときです。

まさか私がその時
クリーニング店を継承するなんて
1パーセント考えすらなかったです。

それからあれこれあって、
私が48歳、山田さんが55歳の時、
山田さんは脳梗塞で倒れました。
会社を誰が舵取りするのか?
彼ととても懇意にしていた私が、
彼がリハビリ中、
お見舞いに行った私の姿を見て
号泣したのを機会に
その役を腹を括って引き受けました。

ただ、
今あれこれ考えれば
これも必要必然ベストのタイミングで
起こったのだと思います。

人生を豊かに、
よりいのちが喜ぶものにしてくれるのは、
どんな人と、もっと具体的に誰と
一緒に仕事をしたいのか?
です。

共にやりたい人(人たち)
それは、

●私をあるがままに受け入れてくれるひとたちと。

●正直で素直な人たちと。

●必要なときに精神的に支えてくれる人たち。

●私の価値を認め、共に同じ「志」の道を歩む人たち。

●私に厳しいことを言って正しい方向を知らせてくれる人。

逆にやりたくない人は、

●私にウソをついたり何かと駆け引きする人。

●人の悪口や批評批判を平気でする人。

●利害損得が強くケチな人。

●愛情が薄く自己中心的な人。

やはり共通の価値観や信念を持ち、
同じ方向を向いて共に歩める人がいい。

倒れた山田さんが
一緒にやりたい人でしたし、
仲間たちもそういう人たちが集まってきましたから、
実はそれでこの場を喜んで引き受けることにしました。

それは何をするのか?
よりも、誰とするのか?が
私の価値観の中のはっきりしたもので
あったからです。

それは
人間同士ですから
いろんなことがありますが、
同じ方向を向いている連中と
共にですから、
すべての出来事の中の気づきが
成長へと導いてくれます。

ただルールがあって、
何が起こっても人間としての筋を通し、
自分の役割を全うする、です。
そうすれば自然と次なる
展開が起こってきます。

そういった思いの共通点が大きい程、
人間的な絆は深まり、成功を分かち合って
さらに仕事も人生もしつかり楽しみ
喜ぶことが出来ます。

仕事にしても、人生にしても
とてもシンプルなもので、
その時は「???」ということでも、
「まっいいか、仏さまにお任せしよう」と
大きな流れに身を任せれば自然と
良い方向に運ばれていきます。

これは川の上に浮かぶ
葉っぱのようなもので、
自然と運ばれていくのです。

美紀ちゃんが代表と会ったのも、
この川の流れに乗って必然的に出会ってるわけで、
ただ、出会っても、その出会いに気づける人と
気づけない人がいます。

あなたはこの出会いに気づき、
この出会いを自分の次なるステージへの
追い風にしようとしています。

それが出来るのは、
あなたの素直さによるものです。
そして悲しみ苦しみを通して「本当の人に会いたい」と
ずっと求めてきたからです。

悲しみ苦しみの中で
求めて求めて求めて心の中で常に叫んできたからこそ、
仏さまがこういうご縁をつくって下さったのです。

私だってそうです。
ずっと若い時から自問自答しながら
やはりあなたと同じように「本当の人に会いたい」と
求め続けてきました。

これは自分の自我でもなく、
頭でもなく、いのちが求め続けてきたものですから、
どうしょうもないのです。

そして必ず時が来れば出会うんですね。

あとはその出会いの御縁を生かす、育むのは
お互いだから、まさしく礼儀正しく(身近な人ほど礼儀が必要)
「思いやり」と「尊敬(爽やかな人権感覚)」を
意識していけばいいね。

あなたには
お母さんという肉親の情をもっと超えた
共に成長し合えるな同士、パートナーがいるから、
私はとても安心して見守っています。

お母さんとは個性が別々ですが、
二人で一人みたいなところがあるね。
これからが楽しみです。

P1210988

●早朝6時半より
仕事で千葉と東京を一周回って今帰ってきました。
ちょうど工房での仕事が終わった伊藤さん親子に会い、美紀ちゃんは「ちょっと早いんですけど魂の父の日のプレゼンに手作りケーキを作りました。」とケーキを手渡してくれました。
肉親ではないけど魂のお父さんかあ・・・。年上年下に関係なく私の回りに集まってる人たちはみんなそう思ってくれてるみたいです。
心のこもったケーキに感動です。せっかくですからみんなにおすそ分けして美味しくいただきます。美紀ちゃんありがとう。

●伊勢丹2名より終了連絡あり。
お2人にいろんなことを話すことによって、とてもウォータークリーニングというものの内容やメリットが理解できています。研修で学ぶよりも、こうやって雑談を交えながらいろんな話をした方がりラックスしていてよく入ります。今後は毎日報告してくれるので楽しみにしています。今日は天気が悪くても100点以上の入荷があってよかったです。やはりリピーターの人が多いいですね。

-未分類

Copyright© 日々是笑日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.