「来るものは拒ます」6/19(火)
過去、放送された日テレの番組で、
今年も弊社が取り上げられることになり、
今日はディレクターとの打ち合わせを行いました。


こういったメディア取材は続くときは続くものです。


随分メディアでは放送されたと思うのですが、
それでも世間ではうちのことを知らない人がいっぱい
いらっしゃいます。


だから、
これでもかこれでもかと出てやっと・・・なんでしょう。


ただメディア放送はドカン!!の花火であっても、
それを縁でクリーニングを出してくださる人もたくさん
いらっしゃいますので、馬鹿にはなりません。


来るものは拒まず。


去るものは追わずです。

15:19, Tuesday, Jun 19, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


「油断禁物」6/19(火)
大阪震度6弱:「水、食料を」買い物客殺到 品切れ相次ぐ
2018/06/18 22:01


震度6弱を観測した地震の震源地となった大阪府北部の
スーパーには、飲料水やカップ麺、冷凍食品などを買い
求める客が殺到し、商品が品切れになる店が相次いだ。

大阪府高槻市城西町のスーパーチェーン「ライフ高槻城
西店」では18日夕、売り場にミネラルウオーターやお茶
がなくなり、「本日のお水は完売致しました。ご了承下さ
い」と書かれた紙が張られていた。カップ麺や冷凍食品、
総菜などもほとんど売り切れた。男性店長は「水とお茶の
売れ方がすごかった。翌日に出す予定だった商品もあっと
いう間になくなった」と話した。


買い物に来た近くの主婦(56)は「今日だけで、5軒以上
のスーパーを自転車で回った。この店にも水がなかった」
と肩を落としていた。


大阪市内のスーパーも買い物客で混雑した。「ライフ土佐
堀店」(大阪市西区)では、店内に約10あるレジカウンタ
ーに長蛇の列ができ、缶詰やペットボトル、カップ麺など
を買い物かごに数多く入れていた。


店内では「カップ麺は1人3個まで」「飲み物は1ケースまで」
などと書かれた紙も。男性店員は「補充が追いつかない」と
忙しそうだった。【大東祐紀、松本光樹】


「天災は忘れたころにやってくる」。まさに典型的なケースです。
兵庫の伸ちゃんと電話がつながり、状況を聞きましたが、「死ぬ
かと思った」ぐらいひどい揺れだったそうです。ご家族や会社の
人たちも無事でなにより。ただ、残念な事態も起こっているので
被害にあわれた皆様には心よりお念仏申し上げますとしか、
言いようがありません。


さて、こういった天災は自分たちに対して「今をいかに生きるのか?」
という大きなメッセージを与えてくれています。うかうかしてはいけ
ない。後悔なく生きなければならない。今やれることをやっておかな
ければいけない。


「油断禁物」。


・ 停電の発生 → 復旧後の火災発生

・ 水道管の破裂 → 長時間の断水

・ ガス管は、安全確認のために、長時間の停止を想定

・ 長時間停電 → 重症の入院患者の生命維持装置の問題

・ 電車の全面停止という交通危機 → 安全性の確認作業を迅速化すれば解決?

・ コンクリート壁、ブロック塀の凶器化


これを今後の課題として、「これからに備えて」対応準備する。
「危機管理意識と準備を忘れるな」。


明日は我が身。心したいと新たに思いました。

03:55, Tuesday, Jun 19, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


「次の世代」6/18(月)
どんどん知り合いの門信徒の方たちが亡くなっていきます。


よくお寺にお参り来られるおじいちゃんやおばあちゃんたち。


門信徒の報恩講で楽しくお話しさせてもらっていたおじいいちゃん
おばあちゃん。


どんどん亡くなっていってます。寂しい限りです。


今年の九月から娘の輝香が中央仏教学院の通信課程を受けます。
そして僧侶の資格を取得します。


うちのお寺は家族全員(寺族)でプロテスタントの教会のように、
全員仕事を持ちながら門信徒の役員さんたちと共にボランティアで
運営されているお寺です。


ですから家族全員僧籍をもってそれぞれが協力し合って
仏事を行っていきます。


家族の中でも娘は(特に子どもたち)誰からも好かれる子なので、
門信徒の皆さんとのお付き合いや人間関係づくりもとても自然に
行っていくでしょう。


ただ主力となってお寺に関わってくださっていた門信徒の方々が
どんどん亡くなっていかれるし、私の住んでいる町は過疎で
子どもも少なくなっていっていますから、やはり将来に対しての
不安もあるようです。


それでも、うちは保育園を経営していますから、

子どもが少なくなっても一人ひとりの子どもたちに仏さまのお心を
伝える「まことの保育」を実践して子供の心に温かい心を育てて
いくことはできます。


やはり彼女のやらなければならない一番大切なことは、
その「まことの保育」の実践でしょう。そして日祭日は、お寺の行事
や法事等の仏事を家族と協力し合いながら務めていくことでしょう。


「お父さん、生きているうちは頑張ってお寺の環境整備や修繕を
やれることは全部やっておいてね。私らはようやれんけん」。


笑いながら娘が本音を漏らしてました。


どんな環境になろうとも、自分に与えられた役割を全うしていくこと。


愛情の視点をもって頑張っていくこと。


愛情の視点とは「ほおっておけない」視点。


過去で人口が減っていく。だからこそ仏事を必要とする人はいるし、
保育を求めている家族もいるわけで、そういう人たちをほおって
おくことなく、だからこそ積極的に関わって安心を与えていく。


それは正直言って宗教組織ではなく、それぞれの感謝の生き方が
伝わっていくことによって安心は生まれるのです。


時々伊勢丹のスタッフがたとえば「ウォータークリーニングさんって
宗教よね」と言ったとしても、他のスタッフたちが「違う、違う、ウォー
タークリーニングさんは社員全員がよりよく生きる道を歩んでる、
宗教じゃないよ」と、逆に周りが「そうじゃない」って言いきってくれるらしい。


日本では宗教というと、どうしもカルト的、祈願や妄信的な偏った教えや
組織というイメージが強いです。


本来宗教とはそういったものではないのですが。


一般的に宗教や宗派とはその人の家のご縁から生まれます。
うちの場合はそうじゃなくて人間としての生き方を学び、それを実践して
いく。自分も他人の喜べる人生を、仕合せな人生を生きていこうとする。


人間はみな自分の中にある仏性に気づいて、昔も今も仏さまと
共にあったということに気が付くと、生き方も変わります。勇気が湧き、
悪いことはできなくなります。


そして自分の心の根っこを大切に育てると、心が明るくなり、
自分の現状が明るく照らされて進むべき道もよく見えてきます。
心の中の仏さまが外に現れてくる。それが周りに良い影響を与えて
いくんです。


とにかく、そういうことで、私は一つのお寺という組織を守ろうとするのではなく、
逆に過疎であろうが、周りの人たちと共に有難いご縁をいただくという環境を
与えられているということを家族には感謝し、喜んでほしいと思っています。


量より質なのですよ、人間の生き方は。


03:42, Monday, Jun 18, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


「次の世代」6/18(月)
どんどん知り合いの門信徒の方たちが亡くなっていきます。


よくお寺にお参り来られるおじいちゃんやおばあちゃんたち。


門信徒の報恩講で楽しくお話しさせてもらっていたおじいいちゃん
おばあちゃん。


どんどん亡くなっていってます。寂しい限りです。


今年の九月から娘の輝香が中央仏教学院の通信課程を受けます。
そして僧侶の資格を取得します。


うちのお寺は家族全員(寺族)でプロテスタントの教会のように、
全員仕事を持ちながら門信徒の役員さんたちと共にボランティアで
運営されているお寺です。


ですから家族全員僧籍をもってそれぞれが協力し合って
仏事を行っていきます。


家族の中でも娘は(特に子どもたち)誰からも好かれる子なので、
門信徒の皆さんとのお付き合いや人間関係づくりもとても自然に
行っていくでしょう。


ただ主力となってお寺に関わってくださっていた門信徒の方々が
どんどん亡くなっていかれるし、私の住んでいる町は過疎で
子どもも少なくなっていっていますから、やはり将来に対しての
不安もあるようです。


ただ、うちは保育園を経営していますから、
それでもまだ子どもたちに仏さまのお心を伝える「まことの保育」
を実践していくことはできます。


やはり彼女のやらなければならない一番大切なことは、
その「まことの保育」の実践でしょう。そして日祭日は、お寺の行事
や法事等の仏事を家族と協力し合いながら務めていくことでしょう。


「お父さん、生きているうちは頑張ってお寺の環境整備や修繕を
やれることは全部やっておいてね。私らはようやれんけん」。


笑いながら娘が本音を漏らしてました。


どんな環境になろうとも、自分に与えられた役割を全うしていくこと。


愛情の視点をもって頑張っていくこと。


愛情の視点とは「ほおっておけない」視点。


過去で人口が減っていく。だからこそ仏事を必要とする人はいるし、
保育を求めている家族もいるわけで、そういう人たちをほおって
おくことなく、だからこそ積極的に関わって安心を与えていく。


そのためには私は全力を尽くして次の世代を援助して
いこう思っています。



03:42, Monday, Jun 18, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


「葬儀」6/17(日)
実はこれが本職です。

P1170854

門徒さんの葬儀をお勤めしたら、
後の初七日は副住職に任せて、またとんぼ返りで千葉に帰ります。


葬儀が終わってお寺に帰ったら父の日ですから、娘の輝香が
生チョコ作ってくれていました。


娘ならではのプレゼントです。


さて、今日は妻ではなく娘に広島空港に送ってもらいます。

13:05, Sunday, Jun 17, 2018 ¦ ¦ コメント(0)


2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19
20
21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
本日   90
昨日   181
累計   280302