DOWN CLEANING

ダウンウェア クリーニング

WATER CLEANING & DOWN
クラスタルウォーターの力で
“ふっくら、軽やかに”
ダウン本来の風合いが甦ります。

ナチュラルクリーンには全国から「他のお店では断られた」「本来の仕上がりが再現できるか心配」というダウンウェアの依頼が年間3,000着以上も送られてきます。ナチュラルクリーンのウォータークリーニングは羽毛の中までさっぱり洗い上がり、ダウン本来のふっくらとしたボリュームが甦ると好評です。熟練したスタッフが一点一点丹念に仕上げを行います。

格別な仕上がり
通常のドライクリーニングで落とせない水溶性の汚れや臭いも、生地や羽毛などを傷つけることなくスッキリと洗い上げ、ダウンがフワフワに甦ります。
確かな実績
全国から年間3000着ものダウンウェアの依頼実績(2017年度)。モンクレールやデュベティカなどの高級ダウンウェアもおまかせください。
必要なサービス
撥水加工サービスなど定番オプションの他に、必要に応じて染色など、衣類の状態に応じて必要なメニューをご用意しています。
クラスタルウォーターがダウンの羽毛に絡みついた汚れを落とす!
ダウンウェアクリーニングの特徴

油性や水溶性など様々な汚れに合わせた洗い方で、
全ての汚れに対応します。
襟や袖口などの気になる汚れもきれいになります。
羽毛の芯まで水で洗い流し、臭いも取れてさっぱりします。
ペタンコになったダウンもフワフワに戻ります。

ダウンウェア年間3,000着以上のクリーニング実績
他店で断られたブランドのダウンアイテムも一度ご相談ください。
MONCLER THE NORTH FACE PYRENEX CANADA GOOSE TATRAS DUVETICA

モンクレール(MONCLER) 、ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE)、ピレネックス(Pyrenex)、カナダグース(CANADA GOOSE)、タトラス(TATRAS)、ナンガ(NANGA)、マムート(MAMMUT)、コロンビア(Columbia)、ウールリッチ(WOOLRICH)、トミー・ヒルフィガー(Tommy Hilfiger)、デサント(descente)、アークテリクス(ARC'TERYX)、ヘルノ(HERNO)、デュベティカ(DUVETICA)、ポロ ラルフローレン(POLO RALPH LAUREN)、ファーストダウン(FIRST DOWN)、ショット(schott)、ダントン(Danton)、パタゴニア(patagonia)、ディーゼル(DIESEL)、ムーレー(moorer)、マーモット(MARMOT)、ナノユニバース(nano・universe)、カルバン・クライン(Calvin Klein)、カーハート(Carhartt) 他多数

※2017年度の実績

ダウンウェアのクリーニング
基本料金
ダウンコート:¥10,395~
(ファー・レザー付属品付きは¥14,025~)

ダウンジャンパー:¥8,470~
(ファー・レザー付属品付きは¥12,100~)

ダウンベスト:¥8,470~
(ファー・レザー付属品付きは¥12,100~)

掲載金額は参考価格です。
お客様のご要望に応じた、またその衣類に最適なご提案と、お見積りを都度お取りいたします。

※ シミ抜き・染色補正・修理等が必要な場合は別途料金がかかります。
※ 首回り、袖口、ポケット口などにつきましては前処理で取れる程度の汚れの場合は、通常の洗いで承ります。
通常の前処理だけでは残る場合は、概ね次の料金でシミ抜きをご提案いたします。
首回り/両袖口/ポケット口:2,200円~5,500円(汚れの程度や素材によって料金は変わります)

2022年3月3日(木)~8月15日(月) / 撥水加工 無料キャンペーン 通常5,000円が今なら無料に!ダウンウェアに欠かせない「撥水加工」が、今なら期間限定で無料でサービスに。対象:期間中にダウンウェアのクリーニングをご依頼の方 / キャンペーンはこちら
店舗持ち込み or 宅配(送料無料)で
全国から承ります。
お気軽にご相談ください
0439-57-2611
(日祭日をのぞく 10:00~17:00)
ナチュラルクリーンの
ダウンウェアクリーニングの流れ
通常のドライクリーニングで落とせない水溶性の汚れや臭いも、生地や羽毛などを傷つけることなくスッキリと洗い上げ、ダウンがフワフワに甦ります。手作業による丹念な洗いと仕上げの作業工程は、本来のダウンのふっくらとした柔らかさがよみ返ります
1STEP
染み抜き(前処理)
洗っただけでは取れないシミや、襟や袖口の汚れは、洗う前に洗剤を付けて取れやすくしておきます。汚れの残りやすい袖口の凸凹の間も丹念にシミや汚れを落としてから洗います。
2STEP
汚れに合わせた洗い
全体の黒ずみや皮脂汚れなど、油性の汚れが激しいものは、最初に油汚れに強いドライクリーニングを行い、全体的な油汚れを落とします。これで次の水洗いでの汚れ落ちをスムーズにします。
3STEP
ダウン水洗い
デリケートな繊維を傷つけないよう細心の注意を払って手洗いを行います。また、羽毛にたまった汚れも押し出しながら洗いますので、ダウンウェアの中から綺麗になります。この時活性水アモウを加え、本来羽毛が持つ柔らかいふんわりした質感を取り戻します。
4STEP
脱水・乾燥
ダウンをふんわりさせるコツは乾燥にあります。乾燥機を使ったり手で解かしたりして、ダウンに多くの空気をふくませるように乾燥してゆきます。
5STEP
撥水加工(別料金)
撥水加工をすると雨を弾くだけでなく、汚れが付きにくく、付いても落ちやすくなります。
※5,000円(税抜)の撥水加工が3/3〜8/15までの間無料でお付けするキャンペーンを実施しております。
ダウンウェアのこんな悩みも
ご相談ください
ダウンが変色してしまったのですが、
直りますか?
はい、「脱色」の場合、色直しではお受けしています。
エアーブラシで色を小まめに調整しながら裏表全体を染めていきます。
※色によって、また、変色の状況によって、きれいに直せる場合とそうでない場合があります。
皮脂・ファンデーションなどの汚れも
落ちますか?
皮脂やファンデーションで汚れた襟も、
油汚れに強いドライクリーニングと汗などの水溶性の汚れに強い水洗いのダブル洗いできれいに。
汚れの溜まりやすい袖口は、洗う前の処理で汚れを浮かせてから洗います。
ぺちゃんこになってしまったダウンは
元に戻りますか?
ダウンが汗などの汚れがダウンの中にたまって羽毛がくっついている状態です。
クラスタルウォーターが羽毛の細かいところまで届き、羽毛の汗汚れを短時間で綺麗に落とすことで、
ダウンの厚み、膨らみが甦ります。
ダウンのクリーニングについて
よくあるご質問
  • デュべティカのダウンコートの色直しが可能かのご相談です。クリーニングから戻ってきたらコート底面部分のみぐるりと全体の色が変色して帰ってきており、困っています。

    デュベティカのダウンの色直しはお受けしていますが、色によって、また、変色の状況によって、きれいに直せる場合とそうでない場合があります。
    また、お時間もかかります。
    仕上がりの程度や料金、納期などをお見積もりさせていただきますので、よろしければこちらまでお送り頂けますでしょうか。

  • モンクレールのダウンコートをクリーニングしていただくことは可能でしょうか。以前一般のクリーニング業者にて、撥水加工がとれるリスクなどを考慮のうえお断りされてしまいました。

    モンクレールのダウンコートのクリーニングはお受けしています。
    シーズンによっては1日10着以上のモンクレールが入荷してきます。モンクレールは様々なタイプがあり、それぞれにクリーニング方法は異なりますが、 最適な方法でクリーニングします。シミ抜き等のご要望がおありでしたら、お書き添えの上コートをお送りいただければ、 お見積もりをお出しします。

  • モンクレールのダウン、ジャケットのクリーニンングと止め糸の修理をお願いしたいので、手順を教えてください。

    クリーニングと修理をご要望のダウンジャケットですが、弊社までお送り頂くか、 新宿伊勢丹や阪急メンズ東京などの店舗までお持ちいただけるとお受けできます。
    尚、ダウンジャケットの止め糸の修理は、商品の種類や状況によって可能な場合とそうでない場合とがありますので、商品を拝見してからお答えさせて頂きます。

  • モンクレールのダウンジャケットを一度クリーニングに出しましたが、ボリュームがなくなったようです。また元のように復元することは出来ますか?

    モンクレールのダウンジャケットがクリーニングでボリュームがなくなったという事ですが、おそらく乾燥工程に何か問題があったのではないかと思います。素材の種類や、そのジャケットの状態によっても復元の程度は異なってきますが、再度クリーニングすることで、現状よりもふっくら出来ることが多いです。
    ただし、実際に拝見しなければ、はっきりしたことは申し上げられませんので、よろしければ一度弊社までお送りいただけますでしょうか。
    お見積もりを出させていただきます。

  • 身頃全体がファーのダウンジャケットのクリーニング方法を教えてください。できるだけさっぱりとした仕上りになるようにお願いします。

    まず、さっぱりとした仕上がりをご要望ですので、水によるケアが適しています。
    ただし、広範囲にファーが使われていますので、通常のダウンとは違った工程でケアします。
    ダウンのファーを水で洗う場合、毛の部分は水に濡れても問題はないですが、根元の革の部分が、濡れると革の柔軟性を保っている成分が流れ出て、硬くなったり縮んだりするものがあります。
    ですから、それを防ぐために、革の柔軟性を保ち、色落ちを防止するオイルに漬け込んで浸透させ、革を保護します。

    それから一旦乾燥させて洗いの工程に進みます。
    二槽式洗濯機に水を溜め、洗剤を入れますが、この洗剤には生地を保護する成分や、収縮を防止する成分が含まれています。
    汚れている袖口を予め中性洗剤を付けてブラッシングし、汚れを取れやすくしてから、両そでだけを水の中に入れ、汚れを揉み落とし、袖全体を両手で挟みこんで中の空気を抜きながらダウンにも水を浸透させて汚れを落としていきます。
    こうして袖の部分の汚れが取れたら、一度脱水し、洗剤の入っていない水に袖だけを入れて濯ぎ脱水します。

    これを2回繰り返してから次にファーの部分を洗いますが、この時はファーやレザー専用のケアー剤を使います。こちらには、羊の毛から抽出したラノリンという成分が含まれていて、革の柔軟性を保ちます。
    このケアー剤を入れた水の中に、ファーの部分を漬け込み、手で軽く押し洗いして素早く水から取り出し脱水を行います。
    ここで短時間水に入れただけでも汗などの成分は水に溶けだし、脱水することで汚れと一緒に離れていくため、かなりさっぱりとします。

    こうして洗った後は、ファーの毛並みを整え、ダウンをほぐして、常温で風を当てながら乾燥します。
    ダウンが固まったままで乾燥すると、ゴワゴワとして膨らみがなくなるため、時々手でほぐしたり、たたいたりしながら二日ほどかけて乾燥し、完全に乾いたら、少し乾燥機にかけてふっくらとさせます。

    そして最後は、ブラッシングしてファーの毛並みを整え、ナイロン生地の部分はアイロンで細かいシワを伸ばして仕上りです。

  • お気に入りのダウンコートを近隣のクリーニング店でクリーニングして半年程保管をお願いしましたが、半年後の受け取り時、明らかにぺしゃんこになってしまいました。修復可能でしょうか。

    ダウンがぺしゃんこになる理由はいくつかあり、1.ダウン自体が汚れていて膨らめない、 2.クリーニング時にダウンに熱を加え過ぎて、ダウンが劣化している、3.洗った後の乾燥の仕方が不適切で、ダウンが空気を含んで膨らむことができなかった。4.ダウンの仕切りのシールが不十分で、ダウンが飛び出したり偏ったりしている・・・などがあります。ダウン自体が劣化していなければ、ある程度は膨らませることが出来ると思いますが、詳しいことは、実際に拝見してから判断させて頂きますので、宜しければこちらまでお送り下されば、お見積りをお出しします。

  • ダウンコート水洗いの際は、洗剤は使用されますか?

    ダウンを洗う際には、洗剤を使用します。使う洗剤は様々で、ニキワックスやギヤエイド、グランジャーズなどのダウン専用洗剤で洗う場合もありますし、素材や汚れ具合、によっても洗剤を変えます。例えば、ヘルノのようなデリケートな素材で、汚れていない場合は、ランドレスのウールカシミヤシャンプーの様に、素材に優しい洗剤を使います。また、汚れの激しいダウンの場合は、オリジナルの特殊洗剤を使い、最近多くなってきた機密性が高く、脱水してもなかなか水が抜けないダウン(水沢ダウンなど)は、洗剤が残らない様に、すすぎの早い洗剤を使います。そして、カナダグースやウールリッチの様に張り感があって擦れやすい素材は、色落ちしにくい洗剤を使うというように、使い分けています。

  • モンクレールのダウンですが、6年くらい前のものでダウンがかなりぺちゃんこなのと、裾にリアルファーが施されている物になります。ファーは取り外しができません。クリーニング可能でしょうか?

    まず、ダウンの膨らみが無くなる原因としては、ダウンに汚れが貯まってくっついてしまい、膨らまなくなる場合と、ダウン自体が劣化してふくらみが無くなる場合があります。汚れによるものでしたら、汚れに合わせた洗い方をして、ダウンを綺麗にすれば、かなり復元します。ダウンの劣化の場合や、ダウンが減っている場合は難しいです。また、取り外せないファーが付いたダウンもクリーニング出来ます。ただし、洗い方としては、ファーに合わせたデリケートな洗い方になりますので、ファーの付いていないものに比べると、汚れの落ち具合では劣る場合もあります。また、色落ちについては、素材によって差があり、綿素材などは、どうしても擦れて白くなりやすいです。ポリエステルやナイロンの場合は、一度のクリーニングで特に色落ちする事はないですが、色落ちを避けたい旨をご要望にお書き添えいただければ、更に留意してクリーニング致します。

ダウンウェアのクリーニング
基本料金
ダウンコート:¥10,395~
(ファー・レザー付属品付きは¥14,025~)

ダウンジャンパー:¥8,470~
(ファー・レザー付属品付きは¥12,100~)

ダウンベスト:¥8,470~
(ファー・レザー付属品付きは¥12,100~)

掲載金額は参考価格です。
お客様のご要望に応じた、またその衣類に最適なご提案と、お見積りを都度お取りいたします。

※ シミ抜き・染色補正・修理等が必要な場合は別途料金がかかります。
※ 首回り、袖口、ポケット口などにつきましては前処理で取れる程度の汚れの場合は、通常の洗いで承ります。
通常の前処理だけでは残る場合は、概ね次の料金でシミ抜きをご提案いたします。
首回り/両袖口/ポケット口:2,200円~5,500円(汚れの程度や素材によって料金は変わります)

2022年3月3日(木)~8月15日(月) / 撥水加工 無料キャンペーン 通常5,000円が今なら無料に!ダウンウェアに欠かせない「撥水加工」が、今なら期間限定で無料でサービスに。対象:期間中にダウンウェアのクリーニングをご依頼の方 / キャンペーンはこちら
店舗持ち込み or 宅配(送料無料)で
全国から承ります。
お気軽にご相談ください
0439-57-2611
(日祭日をのぞく 10:00~17:00)