思い出の時が甦るウォータークリーニング

日々是笑日

未分類

「思い出の時が甦るウォータークリーニング」6/16(火)

更新日:

P1220001

昨日は、
某デパートの婦人服部より
『コロナ禍において百貨店を取り巻く環境は非常に厳しく、
特に、婦人服に関してはお客様の来店が減り非常に厳しい
状態が続いており、今後は物を販売するサービス機能の
拡充が必要不可欠で、そのサービスがお客様の物を購入
するきっかけになることに繋がると確信しています。
その一つが「クリーニング」ではないかと思います。
御社は、(以下省略)』
という内容のメールを担当者の方より頂きました。

??この言葉、
14~5年前に三越さんや伊勢丹さんから
いただいた言葉と同じです・・・・。

また、
その昔、現在お付き合いしている
アパレルさんからも。

百貨店さんは
本当に厳しいみたいです。
ただ、百貨店時代の中で育った私にとっては、
今でも百貨店は両親と共に好奇心いっぱいに歩き回った
ワクワク感いっぱいの憩いの場所。

百貨店の再建を期待するものの一人なのですが、
やはりAmazonや楽天などネットショッピングが
主力とって、自宅で何でも買える時代ですし、
それにこのコロナ禍ですから、
なかなか若い人はデパートには・・。

と言いながら、
当然前年通りとはいかないものの、
着実にデパートからのリピーター入荷は途切れません。
そこにあるのは、
長年のお付き合いから来る安心です。
そして何より金額は高くても他社とは差別化
できる技術力の高さによる信頼と満足度の高さ
でしょうか。

私たちは
常にお客様を絞り込んできました。
絞り込むとお客が減る、下がるというより、
自分たちがお付き合いしたお客様と楽しい仕事を
した方が、お互いに良い結果、
楽しい気持ちになれ、
良い結果が出てくるからです。

そのために、
私たちは勝手ながら
「自分たちを信じてくれるお客様」
「お客様を喜んで紹介してくれるお客様」
「値引きをせずに支払いをしてくれる金払いの
いいお客様」
「下請け的な扱いでなく、パートナーとして
大事にしてくれるお客様」
「楽しくコミニュケーションが取れるお客様」
こういう
お客様をターゲットにしました。

実は、
このスタイルは私が若い時、
市の社会教育主事として
公民館運営で行った
思いと手法と一緒です。
また、何をやってもこれが
中心ということです。

これは
工房にしても店頭にしても「思いやり」
を中心にした技術やサービスや人間力をレベル
アップすればするほど、
類は友を呼ぶで、
そういった人たちとのネットワーク、
お客様たちの質の変化と
新たなお客様層との繋がりが生まれ
ました。

何をやるかではなく、誰とやるのか?
でお話ししたように、自分の価値観と同じような
人たちが自然と集まってくるのです。
その結果として、いろんな良いことが
起こってくるということです。

そういうことから言いますと、
無機質な百貨店のクリーニングの取次店が一つ
増えるというものではなく、
何かそういう本当の事が伝わっていく
仕組み作りが必要だと思っています。

導入は、
テレビ電話のようなスカイプや
フェイスタイムのようなものを使っての
対面相談とか、
それが今は何か、
まだよく分かっていませんが、
うちの「思いやり」と「敬意」を発信できる
場がまた一つ増えれば、
それを求める人たちが集まって来られ、
とても信頼と満足を得てもらえるだろう、
いや、過去の事例から間違いなく
そういったものが生まれていくだろうと
感じています。

今日は先方と
コロナ禍と主人の病気療養で関西の
実家に帰っている、伊勢丹新宿店メンズ館の
智子さんと事前に打ち合わせ
今日は連絡を待っている
先方の担当者に連絡を
入れることになっています。

そうやって次のやり方を
模索しながら、さらにウォータークリーニングが
求めているお客様たちへ
拡充されていくことを願っています。

今日は何が言いたかったのかというと、
「志」や「客層づくり(お付き合いする人)は
まったく変わりませんが、
やり方はこれからどんどん
新しいものにチャレンジしていく。
つまり変化は止まらない
ということでした。

今日も暑そうですね。
洗い場は40度ぐらいになりそうですから
熱中症に気をつけないと
いけません。

●美紀ちゃん、
ブログ更新できてなかったって??
何か不具合があったのかな?
いつも早朝5時前には必ず
ブログ更新しているので
見て下さい。大丈夫です。

今日はちょっと仕事の方を主に
書きましたが、学べるところは
しっかりあると思います。

中心はブラさず
常に柔軟に変化し
対応していくということを。

●白いモンクレールダウンの復元依頼

P1210993

P1210994

P1210995

P1210996

モンクレール白のウールのダウン。購入金額50万。
古いワインの変色シミ抜き。部分漂白→色合わせ→染色補正繰り返し。難易度の高いシミ抜きを行います。
復元率95パーセント。

復元l料金 177.705円 (昨日お客様から見積オッケーを頂きました)

●トッヅのバッグの復元依頼

P1210997

P1210998

トッヅのバッグの復元依頼。
油性と水性を微妙に使い分けて、汚れを落としますが、その時、微妙に色の差が出てくるので染色補正で仕上げていきます。銀面革の表面のキズは、なんとか埋めて顔料にて修正し、ツヤを出していきまます。復元率90パーセント。復元料金(85.360円)

こういった難易度の高い衣類・バッグ・靴・その他 修復復元を弊社は得意としています。

-未分類

Copyright© 日々是笑日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.