思い出の時が甦るウォータークリーニング

日々是笑日

未分類

「自分の良心の視点は完全に公平」4/18(月)

投稿日:

 

他人の失敗

間違いは目に付くものです。

 

でも自分の失敗は、

自分では見ようとはしません。

 

人間は、

他人の失敗を周囲にまき散らしますが、

自分の失敗は隠そうとするものです。

 

これはまるで、

ずるい博打打ちが、

自分に不利なサイコロの目を

隠そうとすることと同じなのです。

 

【原始仏典『ダンマパダ』第十八章-二百五十二】

 

人は、他人の失敗・間違い・罪

などが気になるものです。

 

でも自分の失敗は、

「まあ、いいか」

「でも、だって、しかし」

「あの人が原因・・うんぬん」などと

思うものです。

 

他人の失敗は追求するが、

自分の失敗は気づかないふりをしがちです。

 

これはつまり人とは、

他人ばかりを真剣に見ており、

自分自身のことを真剣に見ている者は

少ないということです。

 

多くの人は、

他人を八十パーセント、

自分自身を二十パーセントの比率で見て

います。

 

自分のことを二十パーセントしか

見ていませんから、他人から見れば

明らかに変な選択をしてしまうのです。

 

もし、

自分自身を八十パーセント、

他人を二十パーセントの比率の視点を持って

生活をした場合は、

その人の人生が変わります。

 

成功する人は、

このタイプが多いのです。

自分の信念で生きる人です。

 

他人の事が八十パーセントの視点で

生きる人は、

他人からの悪口ほ気にしたり、

他人が何を思っているのか?

を常に心配して、

自分の貴重な時間を浪費しています。

 

そして、

だんだんと被害妄想に

取りつかれます。

肝心な自分の生活は二十パーセント

しか見ていませんから、

自分の生活や人生が向上することが

難しいのは当然なのです。

 

今の自分の視点が、

一体何に占められているのか?を

生活の中で時々冷静に思い出すことが

大切です。

 

それは仕事の事なのか、

金銭か、異性のことか、家族のことか、

悪口への心配か、未来への心配か・・?

そこに偏りがあれば、

注意が必要です。

その偏りが、

今の自分自身を冷静に表現しています。

 

釈尊は、

この項の最後で「サイコロの目」という

表現を採用されています。

これは「公平性」に注意しなさい

ということです。

 

自分自身を八十パーセント見つめるにしても、

そこに公平性が欠けていれば、

自我の強い嫌な人に過ぎません。

 

社会的なバランスのある公平な視点を持って、

自分の思考内容と行動を冷静に静観できる

視点を持つ人が、幸運と感謝すべきことに

「気づく」機会を得ることになります。

 

公平な視点を持って自分自身を静観して、

明るく生きましょう。

そうすれば、自分の中での最善へと

必ず行きます。

 

【柔訳 釈尊の言葉第2巻】著:谷川太一

より抜粋転載

・・・・・・・・・・・・・・・

体重62,5㎏・血圧107-56-62・体温36.4℃

・・・・・・・・・・・・・・・

お客様の喜びの声・その他

-未分類

Copyright© 日々是笑日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.