思い出の時が甦るウォータークリーニング

日々是笑日

未分類

「縁」11/27(金)

投稿日:

 

人間は、他人との縁や、偶然という機会によって人生が決まっていきます。

 

 

 

どんな意味で偶然にも、実は深い意味があり、偶然とは「必然」であるのが真実であると感じます。

 

 

 

ここで勘違いしてはいけないのは、偶然や縁がすでに「決まっている」と考え、運命はもはや決まっているんじゃないの?と思ってしまいますが、そうじゃないです。

 

 

 

偶然とは、「今の」自分の思いと行為が、明日の偶然と必然を日々形成していってるわけで、常に未来は白紙であるということなのです。

 

 

 

だから何があっても自分で心配せず、とにかく目の前の仕事を懸命に頑張ったり、周りの人に対して優しくしたり、親切にしたり、目に見える見えないにかかわらず、多くの「いのち」に生かされていることへの感謝の想いや力みのない自然で嬉しい行為があると、本当に人生は変わっていきます。

 

 

 

そして、人間が大きく変化することは、思う以上に突然に「起こる」のです。

 

 

 

それがいつなのか?どういうことがあって起こるのか?は、誰にも決まっていません。それは今の自分の生き方次第だからです。

 

 

 

とにかく自分が生かされていることに感謝をして、不平や不満を言わず、とにかく今を前向きな姿勢で一生懸命生きていきましょう。必ず新たな人生を開いてくれるような良い縁をいただきます。

 

 

◎新宿伊勢丹メンズ館ウォータークリーニングに新人として入った佐藤之さんから頂いた「不条理の羅列」という現代川柳の本を読んだ。「泣くのなら夜を味方につけてから」「雨の日に歌い始めて止まらない」「コンビニで買える程度の愛探す」。彼女の先生が、ウェットな旬のように見えてドライ。やはり都会的センスだ。色彩感覚も素晴らしい。と、この本の中で彼女の事を評していらっしゃったが、私も初対面で彼女に同じことを感じていた。元大手百貨店担当コーディネーター。またイラストレーター。その彼女が真剣な眼差しで、ウォータークリーニングを学んでいる。一見とても以外な姿ではあるが、青色青光、黄色黄光、赤色赤光、白色白光・・、様々な色の光(いのち)の輝きがこのウォータークリーニングという「いのちの場」を創造していくのだから、どんな新しい色を放ってくれるのか仲間と共にとても楽しみにしている。

 

 

 

-未分類

Copyright© 日々是笑日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.