思い出の時が甦るウォータークリーニング

日々是笑日

未分類

「自分の価値で生きよう」4/23(金)

投稿日:

 

「自分の価値観で生きよう」

 

心が弱っている人を見て思うことは、

「他人の視線を過剰に気にしている」

「他人の視線の中で自分が生きている」ということです。

要するに「自分がない」「自分を生きていない」のて゛す。

 

他人の価値観の中で生きず、

自分の価値観で生きましょう。

死ぬときも、どうせ人間は一人なのです。

他人の視線を気にして生きれば、

あとで大後悔をします。

 

自分を見つめて自分に素直に生きることは、

自分が往生する練習になると思います。

 

他人や外の神仏や何かを頼って生きていれば、

必ず死ぬときは不安になるはずです。

 

自分の心に仏さんが「すでに」宿って

下さっていることを知って、

短い人生を思い切り生きましょうよ。

 

そうすれば、

すべてがとても素敵で楽しい思い出になるはずです。

 

・・・・・・・・・

 

リーダーのルール、その十七

「厳しいリーダーに部下は付いて来る」

 

怒ることは、勇気がいります。

厳しく言うと、嫌われるリスクは当然大きいです。

そのリスクを背負うことが、リーダーです。

 

実は、一番嫌われる人は怒ってくれない人です。

 

厳しくやったら、リーダーを嫌ってしまったり、へこんだりします。

でも、へこんだ人の方が、へこまない人よりよっぽど伸びます。

 

嫌われないように気を使っていると、

人は伸びません。

 

だから、叱ってくれる人は

愛情がある人なのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

阪急メンズ東京スタッフの研修と、NHK「あさイチ」の取材です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-未分類

Copyright© 日々是笑日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.