思い出の時が甦るウォータークリーニング

日々是笑日

未分類

「人ではない自分に勝つこと」5/13(金)

投稿日:

 

人が生まれてくる目的は、

自分の自我に勝ち、自分のサガに勝つ、

ということです。

 

これが、

人がわざわざこの世に生まれてくる

意味だと感じます。

 

誰もが、

今度こそは「自分自身に勝つ」と思って

誕生してくるのです。

でもこの世に生まれますと、

「自分に勝つ」はずが「他人に勝つ」に

置き換わっていくようです。

多くの人が、

自分自身が持つサガに負けています。

 

それぞれの各人のレベルで、

自分なりのテーマで

誰もが修行中です。

 

今の自分が「それ」に悩むことが、

今の自分にはちょうど良いわけです。

それを自分自身で静観することで、

「これではいけない」という

気づきが起こります。

 

他人と比較せずに

「自分のいろんなサガに勝つ」という視点で、

今の生活の中で頑張ってみましょう。

思いっきり生きてみましょう。

 

これこそが、

本当の自分が望んでいる修行であり、

この世で楽しめるヒントなのです。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・

広島のお葬儀に列席してきました。

 

2年半ぶりにお寺に帰りました。

 

 

 

 

 

 

僕が住職を務めるお寺です。

 

僕がほぼ千葉の君津にいますので、

実質的に運営は妻である坊守や、

甥で副住職の潤聖、

次男で跡取りの充法や嫁の綾ちゃん。

そして長女で保育士の輝香などの家族や

世話人の門信徒の人たちが行ってくれています。

 

 

法事の前は花屋さんの「はなよし」さんが本堂内陣のお華を

きれいに入れて下さいます。

 

こういった皆さんの支えがあって安心してお寺を留守に

出来ています。

 

 

10時からは本堂で法事のお勤めでした。

 

 

副住職の潤聖が法事をお勤めしています。

お寺の行事は彼がしっかりお勤めしてくれているので

安心です。

 

 

認定こども園に行って子どもたちや職員と

久々にコミニュケーションを取りました。

 

 

うちの認定こども園の職員さんたちです。

本当にみんな明るく元気でいい人ばかりです。

 

 

左からお寺の坊守で認定こども園の園長の妻です。その隣が僕ですね。

僕の前にいるのが孫の瑛心です。

隣が長女の輝香で保育士です。

右側が子育てセンター長の妻のお母さんです。

ずっと広島市の保育園の園長先生でした。

子どもと接するといつまでも若いです。

いつも元気はつらつ、

88歳には全く見えません。(o^―^o)ニコ

 

 

 

そして本当に仲の良かったレクリィエーション時代の友人、

元広島市の職員だった故西本幸文さん享年69歳のお葬儀に参列してきました。

小さいながらほのぼのとした温かいお葬式でした。

彼の明るさが会場を包み込んでいたようでした。

また一緒に遊ぼうね、チャリー(ニックネーム)。

 

お客様の喜びの声

君津本店

●「やっぱりきれいですね、持って帰って皆に

見せまくりました。」とKさん。「だから東京

とか色んな所から来られるんですね。畳み方も

袋もきれい。よそと全然違う!!」と、大変喜ん

で頂きました。

 

伊勢丹新宿店メンズ館

★Google Mapの口コミでも書かせていた

た゛きましたが、私は貴社のお仕事に心か

ら信頼を寄せております。

今後ともよろしくお願いいたします。 KI

 

●Y様。白のダウンジャンバーを見ていただ

くなり「完璧です!」と、大変喜ばれていま

した。

 

-未分類

Copyright© 日々是笑日 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.